乳がんは早期発見と早期治療が鍵~病気撲滅運動~

医者

検査方法を把握する

女性

乳がん検査は主に問診と触診で行われるのですが、マンモグラフィを用いた検査を受けることも出来ます。小さい腫瘍も発見することが出来るのでマンモグラフィを受けることで乳がん発見の確率も高めることが出来るでしょう。

詳しく見る

費用を抑える

医者

乳がんが進行してしまうと治療までに多大な時間が必要となり、治療費も高額となってしまいます。そのため、治療費を抑えるためにも早期発見する必要がある他、保険などに加入しておくと良いでしょう。

詳しく見る

更年期生涯の治療

医者

更年期障害の治療には女性ホルモン剤の服用が一般的です。女性ホルモンが脳細胞の働きを良くするからです。また現在ではサプリメントをネットでも購入することが出来ます。

詳しく見る

定期的に検査を受ける

乳がんの症状等について

医者

乳がんとは胸に発生する悪性腫瘍の事を言います。主に女性に発生するがんで、男性に発生する可能性は極めて低いです。女性の発症率を年代別で見ると、30代から増加傾向となり、50代でピークを迎えます。それ以降は次第に減少傾向を辿ります。 乳がんの発生原因に関しては、女性ホルモンが深く関係しています。女性ホルモンの一種であるエストロゲンの量が多いと、乳がんになるリスクが高くなります。 また、近年の晩婚化や未婚率の増加もリスク要因の一つです。晩婚や未婚という事は、出産回数の減少や出産を経験しない事を意味します。つまり、授乳の機会が減少してしまう事に繋がるのです。この事も乳がんを発症させる要因となる可能性があります。

具体的な治療方法等について

乳がんは早めに治療を開始すれば、生存率が高くなるという特徴を持っているがんです。そのため、胸に違和感を覚えた時には、躊躇わずに病院を受診するのが良いです。また、早期治療のためには早期発見が不可欠となります。定期的に検査を受ける事も、とても有効な予防対策の一つだと言えます。 具体的な乳がんの治療方法としては、手術や放射線治療、薬物療法等があります。ただ、この場合の放射線治療と薬物療法は、治療のサポートとして用いられる事が多いです。 乳がんの手術方法には様々な種類があります。そのため、乳がんの状態や患者の希望等を考慮した上で、手術方法の選択が行なわれます。 ただ、病院での治療となると、気になってくるのが治療費の問題です。これは人によって治療方法等が違うので、一概には言えないです。ただ一般的には、治療期間が短期間の場合には、20万円程度の自己負担となる事が多いと言われています。